KTC 株式会社国際テクノロジーセンター

shape shape

OATube 大学や企業教育でのアクティブラーニングに利用する
動画配信システム

概要

OATube(Open Academic Tube)は、大学などの教育機関において動画学習を支援する新しい教育プラットフォームです。OATubeは、PCからのアクセスはもちろん、スマートフォンやタブレットなど、メインユーザーである学生により馴染みのあるモバイル環境からのアクセスもサポートしています。教員側においては、動画のクラス単位での運用や、動画の視聴履歴なども把握・分析することができるため、昨今注目されている反転授業を効果的に運用していただくことが可能です。

こんな課題をお持ちではありませんか?

  • ビデオ授業の導入に興味があるけど、その効果やどのようにはじめたらいいかがわからない..
  • ビデオ授業を取り入れたいけど、準備や運用などの面で余計なコストをかけたくない..
  • Youtubeでビデオ学習を取り入れているが、セキュリティ面が心配..

\ OATubeなら、その課題を解決できます /

製品・サービスの特徴

  • 安全かつ簡単な公開レベル設定

    教員・学生・TAのアクセス管理・閲覧が容易に行うことができます。また動画の公開範囲設定も可能です。

  • 視聴履歴・分析で
    適切なフィードバック

    学生が行なった操作がログに残るため、教員は各生徒の学習状況を把握でき、個々の学生に合わせた適切な学習フィードバックが容易になります。

  • 学生に馴染む
    モバイル環境

    スマートフォン対応により学生はマニュアルに頼らず直感的に操作をすることが可能です。

  • 相互評価でコミュニケーションの活性化

    動画に対して学生はコメントの投稿が可能なので、相互評価や学生同士のコミュニケーションをより活性化してくれます。

  • メンテナンス不要

    OATubeはクラウドシステムのため、システムのメンテナンスが不要です。そのため、運用保守のコスト削減・BCPの対策にも適しています。

製品・サービス紹介

こんな場面でご活用いただけます

  • 大学の授業で

    規模: 10~500人

  • 英会話教室で

    規模: 10~20人

  • オンライン型学習塾で

    規模: 10~50人

価格

  • 初期導入費用
    • ¥150,000
    • Saas環境一式、初期導入、OATube設定
  • 月額基本利用料
    • ¥98,000
    • Saas環境一式利用料、利用ユーザー無制限

お申し込み〜利用開始までの流れ

  • 1必要事項を入力の上お問い合わせよりご連絡いただきます。
  • 2まずは、OATube試用版でお試しいただきます。(お試し期間・お試し費用について情報いただけますでしょうか?(価格の掲載するしないは別として))
  • 3本製品のご利用を継続される場合、OATube製品版をお申し込みいただきます。
  • 4OATube製品版のご利用を開始いただきます。 (申し込み後、すぐ利用開始できるのか、何日後に利用開始など、目安があれば情報いただけますでしょうか?)

事例詳細

事例一覧はこちら

よくあるご質問

まずは、お客様のご要望等ヒアリングさせていただいた後、ヒアリング内容をもとに課題解決に向けてベストな方法・スケジュールをご提案いたします。ご提案内容にご納得いただけましたら正式発注となります。その後は、スケジュールに沿って、プロジェクトを進めていきます。
まずは、お客様のご要望等ヒアリングさせていただいた後、ヒアリング内容をもとに課題解決に向けてベストな方法・スケジュールをご提案いたします。ご提案内容にご納得いただけましたら正式発注となります。その後は、スケジュールに沿って、プロジェクトを進めていきます。
まずは、お客様のご要望等ヒアリングさせていただいた後、ヒアリング内容をもとに課題解決に向けてベストな方法・スケジュールをご提案いたします。ご提案内容にご納得いただけましたら正式発注となります。その後は、スケジュールに沿って、プロジェクトを進めていきます。
まずは、お客様のご要望等ヒアリングさせていただいた後、ヒアリング内容をもとに課題解決に向けてベストな方法・スケジュールをご提案いたします。ご提案内容にご納得いただけましたら正式発注となります。その後は、スケジュールに沿って、プロジェクトを進めていきます。
まずは、お客様のご要望等ヒアリングさせていただいた後、ヒアリング内容をもとに課題解決に向けてベストな方法・スケジュールをご提案いたします。ご提案内容にご納得いただけましたら正式発注となります。その後は、スケジュールに沿って、プロジェクトを進めていきます。

まずはご相談ベースでも構いません。
貴社の課題をぜひ一度、お聞かせください。

TOP